シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Azure Black / Cherry Muffin(主張が強めのCherry系だが、焼き菓子っぽい香りもシッカリと感じられる)

time 2018/07/22

Azure Black / Cherry Muffin(主張が強めのCherry系だが、焼き菓子っぽい香りもシッカリと感じられる)

香りについて

アメリカの会社っぽいCherry系と、後味にホンノリと焼き菓子っぽい香り。
Cherry系の香りはツンとした感じの強いアメリカの会社っぽい香りだが、酸味が無くモワッとした甘さがあるのが特徴。
TangiersのDark Cherryなどもアメリカの会社っぽいCherry系だったが、それらとは酸味が無い点で異なる。
AzBのCairo Crypt TonightもCherry系のMint Mixだったが、ツンとした感じの無いAFのCherry寄りの香りだったので、それとも異なる。
強いて言うなら、AFのCherryをメインに、アメリカの会社のCherry系に特有のツンとしたケミカルなテイストを足した感じか。
焼き菓子っぽい香りは、小麦とバターとベーキングパウダーを焼いたときのような、ふっくらした優しい甘さ。AzBのLemon Muffinと同じでFumariのBlueberry Muffinのそれを濃くした感じ。
主張の強いCherry系の香りではあるが、焼き菓子っぽい香りも濃いめであるため、弱めの火加減で維持していれば後味に焼き菓子っぽい香りがハッキリと感じられる。
シロップと香料に漬けたチェリーを入れて作ったマフィンと言った香り。

煙について

煙の量と質はAzBの平均。
SBVほどでは無いが、それなりにウェットさのある煙なので、焼き菓子っぽい香りとの相性が良い。
タバコ的な重さはAzBの平均。TFDと同じか、それより少し重いぐらい。おおよそAFの1.5~1.6倍ぐらいの重さ。
香りの持ちはAzBの平均か、それより少し長い。時間とともに徐々に焼き菓子っぽい香りが前に出てくるので、時間による香りの変化は少々。特徴が分かりやすくなるので、個人的には悪くない変化だと思う。
安定感はAzBの平均。いくらか弱めの火加減で維持する方が焼き菓子っぽい香りの出が良いが、Kaloud Lotusを使っているのであれば火の調節で苦労することは少ないと思う。
いくらか弱めの火加減で維持する必要はあるが、煙の質と香りがマッチしており、持ちも長め。

(総評)78点

個人的にCherry系は苦手だが、思ったより楽しめた。
他社には無いMixだし、焼き菓子っぽい香りもハッキリしているため、Cherry系単体より他に楽しめる点があって良かった。
ただ、アメリカの会社のCherry系っぽいツンとした感じがあるので、やはり基本的にはCherry系が好きな人向けかな、という気がしなくもない。
それはそうと、アメリカの会社っぽいCherry系としては割と珍しい仕上がりで、そういえばこの手のCherry系の香りも少数派だがあったなぁ、などと思う。NirvanaのSmokin’ Deadと似たCherry系の香りだと思うが、試したのがかなり前なので完全にうろ覚え。
Cherry系の香りでやや好き嫌いが分かれる可能性はあるが、焼き菓子っぽい香りが好きであれば意外と気に入る可能性はあると思う。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031