シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Azure Black / Carolina Peach(ピーチ味のタブレット菓子のような、アメリカの会社っぽいPeach系)

time 2018/07/26

Azure Black / Carolina Peach(ピーチ味のタブレット菓子のような、アメリカの会社っぽいPeach系)

香りについて

ピーチ味のタブレット菓子のような、ケミカルなPeach系。
微かだがSBBのPeach系 Mixに見られるスッとしたキレのようなテイストがあり、アメリカの会社っぽいPeach系の香り。
マッタリした甘さが強く、ピーチ味のタブレット菓子をまとめて何粒も口に入れて噛んだときのような香り、あるいは甘めのピーチ味のキャンディのような香り。
香りの輪郭はハッキリしているが、上記のようなピーチ味のお菓子のような香りであるため、ケミカルで人工的な感じが目立つ。
SBBのPeach系 Mixほどでは無いが少々のスッとしたキレがあり、また濃い口のアメリカの会社っぽいPeach系という点で、TFDのVentura Peachと似た作り。
ケミカルと書くと敬遠されがちだが、TFDのVentura Peachは思ったより店で人気だったので、好きな人は普通にいると思う。
マッタリした甘さが強めで香りの輪郭がハッキリした、アメリカの会社っぽいPeach系。

煙について

煙の量と質はAzBの平均。
マッタリした甘さが強いので、いくらか甘さがノドに残る感じはあるが、火の調節でどうとでもなる範囲。
タバコ的な重さはAzBの平均。TFDと同じか、それより少し重いぐらい。おおよそAFの1.5~1.6倍ぐらいの重さ。
香りの持ちはAzBの平均より長い。もとの香りが濃いので、持ちは長めに感じる。時間による香りの変化は少ない。
安定感はAzBの平均。あまり火加減が強すぎるとマッタリした甘さが強く出すぎて、個人的にはクドいと感じたが、このへんは好みの問題。焦げたり崩れたりはしにくい。
いくらか甘さがノドに残る感じはあるが、火の調節でどうとでもなる。問題となるような欠点は無い。

(総評)70点

アメリカの会社っぽいPeach系の典型。
どうでも良いが、個人的に果物の桃が非常に好きで、この時期は桃ばかり食べている。
実物の桃を食べながら吸ってみたが、やはりシーシャのPeach系はシーシャのそれという香りで実物の桃とは違うな、と思った。
最近試したPeach系の中では、個人的にAB StraightのPeachが好きだった。香りの輪郭がハッキリしている割にケミカルさが無く穏やかで、上手い具合に新旧のPeach系の特徴を両立していた。AB KFCのPeaches & Creamも良かった。
ただ、TFDのVentura Peachが店で早々に消費されたことを考えると、個人的には苦手な香りだったので点数が低めになってしまったものの、これを好きな人も普通にいると思う。
TFDのVentura PeachSBVのPeach Spiceのような、分かりやすい濃い口のPeach系が好きであれば、試す価値はある。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31