シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Al Fakher / Iced Gum(清涼感がクリアになったスッキリめのAFのGum with Mint)

time 2019/09/08

Al Fakher / Iced Gum(清涼感がクリアになったスッキリめのAFのGum with Mint)

香りについて

クリアな清涼感に、ほんのりとGum系あるいはSpear Mint系の香り。
清涼感の強さはAFのMintの2/3ぐらいで、それなりに強め。アメリカの会社っぽいシャープな清涼感とは異なる。
どことなく透明感がある純粋な清涼感のみで、このあたりがMintではなくIceなんだろうな、という感じ。AFのMintのようなグリーンな香りや微かなビターさは無い。
そこに、AFのGumを3~4倍ぐらいに薄めたような、Gum系あるいはSpear Mint系の香りが混じる。清涼感によって薄まっているからか、AFのGumに特徴的だった人工的な感じの厚みのある甘さは感じられない。
AFのGum with Mintと比べると、Gum系っぽい甘さの独特な厚みがずっと控えめで、清涼感もクリアで少し強い。そのため、こちらの方が全体にずっとスッキリしていて軽やかな仕上がり。
AFのFrost Mintと少し似ているが、Frost MintにはMint系の部分にAFのMintのようなグリーンな香りがあったので、その点で異なる。
清涼感がクリアになって、全体にずっとスッキリしたライトなAFのGum with Mintという感じ。

煙について

煙の量と質はAFの平均。
AFらしい程よくソリッドな煙の質。清涼感があるので、ノド越しは割とスッキリしている。
タバコ的な重さはAFの平均。SBやFumariより少し重い。だいたいAB Stoutと同じぐらいの重さ。
香りの持ちはAFの平均。時間による香りの変化も少ない。時間とともに順当に薄れていく。
安定感はAFの平均。AFのMintは火が強すぎると変な酸味が出たりするが、それよりは扱いやすい。
平均的なAFの煙と言ったところ。可もなく不可もない。

(総評)74点

個人的には割と好きな香りだった。
AFのMintのようなグリーンな香りが無く、全体に透明感があってスッキリした仕上がりなのが良かった。
ただ、基本的にGum系やSpear Mint系の香りは、どことなく歯磨き粉っぽさがあるからか、好き嫌いが分かれる香りのようである。
また、実際に吸い比べれば違いは一目瞭然であるものの、立て続けに吸い比べたりしないとAFのGum with Mintとの違いが少し分かりにくいと思う。
そのあたりを考えると、AFのGum with Mintよりは全体にスッキリしていてクセが無いものの、やはり手放しにはオススメしにくい。
AB OriginalのProfessor GumbledoreAFのFrost Mintが好きならば、試してみても良いだろう。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930