シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Spectrum Classic / Spicy Cheese(ブルーチーズにハチミツをかけて食べた時の香り、やたら再現度が高い)

time 2023/12/11

Spectrum Classic / Spicy Cheese(ブルーチーズにハチミツをかけて食べた時の香り、やたら再現度が高い)

香りについて

ブルーチーズにハチミツをかけて食べた時の香り。これも再現度はやたら高い。
商品名がSpicy Cheeseであること以外の情報を何も入れずに吸ったが、それでも初回からブルーチーズにハチミツをかけた香りだとハッキリ伝わってきた。
実物のブルーチーズは外から嗅ぐと臭いが、口に入れて噛んでみると少しクセはあるが普通にチーズだなという香りがする。これは後者の方の香りで、発酵食品らしい分解された乳脂肪の香りと、カビによる微かなビターさという感じ。やたら再現度が高い。
微かなビターさはあるが、ゴルゴンゾーラチーズほどハッキリした苦みがあるわけではなく、乳脂肪と強めの塩気によるコクっぽさの方が強い。個人的にはゴルゴンゾーラというより、ブルーチーズの中でも比較的クセの無いロックフォールっぽいと思った。
ちなみに、ハチミツの部分の香りの出来も非常に良い。実物のそれを食べたときに、口の中でブルーチーズの香りによって相対的によりハッキリとする、ネットリしたハチミツらしい甘い香りを彷彿とさせる。
個人的には意外と好きだった。ただ、万人受けする香りではない。

煙について

煙の量と質はSPECTRUMの平均。
過度なウェットさの無い、ほどほどにソリッドな煙。気持ち低めの温度で維持したTangiersと似た吸いごたえ。
タバコ的な重さはAFと同じか、それよりほんの少し重いぐらい。ダークリーフの中では軽めの部類で、多くの人にとって負担にならない重さだと思う。
香りの持ちはSPECTRUMの平均か、それより少し短い。時間による香りの変化は少なく順当に薄れていく感じではあるものの、序盤の香りの濃さによる再現度の高さは少し早めにピークアウトする印象。
安定感はSPECTRUMの平均。割と高温にも耐えるので扱いやすい。Kaloud Lotusを使っているのであれば、火の調節で苦労することは少ないと思う。
ボウルによる香りの出方に大きな差はない。シリコンボウルで作る方が全体にモワッとした感じで出るので、香りとの相性が良いとは思った。このへんは好みの問題。
平均的なSPECTRUMの煙と言ったところ。

(総評)76点

またスゴいのが来ちゃったなとは思ったが、個人的には意外と楽しめた。万人受けする香りではない。
個人的にブルーチーズにハチミツをかけて食べるのが好きなので、それが意外と楽しめた理由な気がする。
それでも、シーシャで吸いたいかと言われると微妙。チーズであるとかの諸々の先入観を捨てて、こういう何かコクのある香りと思って楽しめるかどうかにかかっている気はする。
あと、ハチミツの部分の香りの出来が非常に良いので、この部分の香りだけでHoney系単体を出してくれたら良かったのに、などと思った。
ちなみに、SPECTRUMからは果物ではない食べ物のフレーバーが幾つか出ている。これの他にもBaconGazpachoRye Breadがあり、その中ではこれが一番好きだった。
個人的にブルーチーズにハチミツをかけて食べるのが好きというのが大きい気もするが、意外といける。変なものを立て続けにレビューしているせいで、感覚がおかしくなっているだけの可能性はあるが、レビューも全然苦ではなかった。
万人受けする香りではないが、ブルーチーズが好きな人は恐れずに試してみてほしい。意外といける、と思う、個人的には。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2024年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031