シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Tangiers Noir / Foreplay on the Peach(無難に良く出来たPeach系を、Apricot系に似た香りで微かにアクセント付けした感じ)

time 2018/04/30

Tangiers Noir / Foreplay on the Peach(無難に良く出来たPeach系を、Apricot系に似た香りで微かにアクセント付けした感じ)

香りについて

TangiersのJuicy PeachTangiersのApricot Spring Blendの中間、ややJuicy Peach寄りの香り。
ちなみに、Juicy PeachはAFのPeachを濃くしたようなマッタリめのPeach系で、Apricot Spring Blendはフローラル系の入ったPeach系だった。
Apricot Spring Blendほど明らかなフローラル系の香りがするわけでは無いが、Peach系には少し珍しいフワッとした香りが入るのが特徴。どことなくAFのApricotにも似たところがある。
少々のフワッとしたApricot系のような香りも手伝って、AFのPeachと比べると香りに抑揚があって輪郭もハッキリしているが、SBあたりのPeach系のようなスッとしたキレのようなものは無いので、ケミカルさは目立たない。
中東の会社にありそうなケミカルさが控えめなPeach系の香りだが、それよりも香りの輪郭がハッキリしているという点では、AB StraightのPeachとも少し似ている。
無難に良く出来たPeach系を、Apricot系に似た香りで微かにアクセント付けした感じ。

煙について

煙の量と質はTangiersの平均。
過度なウェットさが無く、タバコ的な重さも手伝って、まずまずソリッドな吸いごたえ。ノドに甘さが残ってイガイガしたりはしない。
タバコ的な重さはTangiers Noirの平均で重い。おおよそAFの2.0~2.2倍ぐらいの重さ。
香りの持ちはTangiersの平均か、それより少し長い。もとがハッキリした濃いめの香りであるため、持ちは少し長めに感じる。時間による香りの変化は少ない。
安定感はTangiersの平均か、それより少し良い。Tangiersのフレーバーは少し低めの温度で維持する方が調子の良いものが多いが、それとしては割と高温にも耐える。
基本的にはTangiersの平均的な煙といったところ。やや安定感があり扱いやすいのは良い。

(総評)80点

普通と言えば普通だが、今さらPeach系を出してくるだけあって、無難に良く出来ている。
ただ、そこそこTangiersのJuicy Peachと似ているので、どちらか1つあれば事足りるとは思う。
TangiersのPeach系の中であれば、ややマッタリめだがAFのPeachより香りにメリハリがあるものならJuicy Peachかこれを、フローラル系の香りが強めのものであればApricot Spring Blendを、アメリカの会社っぽい少々のスッとした感じのあるものならTasty Peachを選ぶと良いだろう。
ただ、やはりTangiersなのでタバコ的な重さの問題はある。そのあたりが気になるなら、AFSEのJuicyAB StraightのPeachを試すのが良いと思う。
TangiersのJuicy Peachと似ているのでどちらか1つあれば事足りるが、重めのPeach系を探しているのであれば、試して損は無い。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930