シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Nirvana Eclipse / Tatania(熟す手前の爽やかな洋ナシの香りと、穏やかな甘さのPeach系のMix)

time 2019/07/05

Nirvana Eclipse / Tatania(熟す手前の爽やかな洋ナシの香りと、穏やかな甘さのPeach系のMix)

香りについて

Pear系:Peach系=3:1ぐらいのMixに、AFのMintを薄めたようなグリーンな香りが微かに混じる。
メインは、完熟する一歩手前の少し固い洋ナシのような香りで、ややサッパリめ。再現度は高めで、確かに洋ナシだと分かる。
TFDのPearfectは柔らかくなるまで熟した洋ナシのようなトロンとした甘さが特徴で、それによって再現度が非常に高まっていた。これに関しては、そのあたりの香りが控えめなので、分かりやすさの点で少し劣る。ただ、TFDのPearfectは火の調節と煙の質に難があったため、その点ではこちらが優れる。
いずれにせよ、Green Apple系っぽい香りが強かったAzBのGrow a Pearよりは洋ナシを連想させるので、何だかんだ再現度は高め。
Peach系の香りはAFのPeachと似ており、良い意味で抑揚の無いマッタリした甘さ。Nirvana EclipseのLynxの桃の入った箱を開けたときのような香りではなく、シーシャのPeach系然とした香り。Pearfectのようなトロンとした甘さが控えめな分を、Peach系のマッタリした甘さで補おうとしたのかな、などと個人的には思った。
清涼感はかなり控えめで、言われなければ分からない。ただ、その割にAFのMintを1/4に薄めたようなグリーンな香りが感じられて面白い。
熟す手前のサッパリめの洋ナシの香りに、穏やかな甘さのPeach系が少々のMix。

煙について


煙の量と質はNirvana Eclipseの平均。
TFDのPearfectは少しノドに当たる感じの煙の質で、火の調節が難しかったが、そういったことは無いので優秀。
タバコ的な重さはNirvana Eclipseの平均。TFDと同じか、それより少し軽いぐらい。SBVより少し重い。AFの1.4~1.5倍ぐらいの重さだろうか。
香りの持ちはNirvana Eclipseの平均。時間による香りの変化も少ない。時間とともに順当に薄れていく。
安定感はNirvana Eclipsの平均。Kaloud Lotusを使っていても火の調節が厄介だったTFDのPearfectのことを考えれば、かなり扱いやすい。
モッタリしすぎない程度にウェットでなキレの良い煙で、香りとの相性も良い。

(総評)82点

完熟する一歩手前の少し固い洋ナシのような香りで、個人的には好きな香りだった。
後味にPeach系の香りやAFのMintを1/4に薄めたようなグリーンな香りが少々あるものの、まずまずPear系単体としても割り切れる香り。
このグリーンな香りも、洋ナシの青臭さの表現の一部と言われたらそう受け取れる程度の良いアクセントで、細部まで練られたMixだと思った。
Pear系の香りで再現度が高いフレーバーは珍しい。TFDのPearfectより煙の質が良く、AzBのGrow a Pearより洋ナシを想像させる香りで、かなり良く出来ている。
目立った欠点が無く高水準にまとまった洋ナシの香りを探しているのであれば、試す価値は非常に大きい。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031