シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Tangiers Noir / Guajava Kiss(サッパリめではあるがコクのある甘い香りと、厚みと力強さのある青臭さ)

time 2018/03/20

Tangiers Noir / Guajava Kiss(サッパリめではあるがコクのある甘い香りと、厚みと力強さのある青臭さ)

香りについて

サッパリめではあるがコクのある甘い香りと、厚みと力強さのある青臭さ。
メインはTangiersのGuajavaと似たマッタリした香りで、そこにシーシャのGuava系に特有の鼻を抜ける青臭さが混じる。
煙を吐いている最中は厚みと力強さのある青臭さだが、煙を吐き終えた後の余韻は他社のGuava系の青臭さと似ている。
青臭さがある点では、TangiersのGuajavaよりもシーシャのGuava系と言われて想像する香りに少しだけ近い。
ただ、サッパリめではあるがコクのある甘い香りがメインで、青臭さにも厚みと力強さがあるため、やはり他社のGuava系とは大きく異なる香り。
熟していない青臭さの強いグァバでフレッシュジュースを作って砂糖を多めに入れたら、こんな香りになりそう。

煙について

煙の量と質はTangiersの平均。
青臭さが強いせいか、火加減によっては微かにノドに障る感じが出るものの、基本的には過度なウェットさが控えめでソリッドな煙。
タバコ的な重さはTangiers Noirの平均で重い。おおよそAFの2.0~2.2倍ぐらいだと思う。
香りの持ちはTangiersの平均。時間による香りの変化も少ない。時間と共に順当に薄れていく。
安定感はTangiersの平均。あまり火が強すぎるとノドに障る感じが出るものの、Tangiersの他のフレーバーよりは少し高温にも耐える。
Tangiersの平均的な煙と言ったところ。

(総評)82点

Guava系らしいかは別として、個人的には割と好きな香りだった。
TangiersのKashmir GuajavaやGuajavaと同様、TangiersのGuava系という感じで珍しい香り。
TangiersのGuajavaが青臭さの無い香りだったので、それとは違った青臭さの強いGuava系を出したのだな、という印象。個人的にはGuajavaより、こっちの方が好き。
ただ、タバコ的な重さなどを含めた無難さを考えると、甘めで変わった仕上がりのGuava系の中では、まずはNu HookahのBlue Guavaから試すのが良い気はする。
ちなみに、典型的なシーシャのGuava系と言われて想像する香りの中では、AB StraightのGuavaUglyのMarcojeが個人的には良く出来ていると思う。
他社のGuava系とは大きく異なる仕上がりではあるものの、Tangiersの中ではアタリの部類。
TangiersのGuajavaが好きならば、試す価値はある。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2023年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930