シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Azure Black / Moroccan Tea(紅茶系:Lemon系;Mint系=3:2:1ぐらいのMix、紅茶系の香りが濃いめで分かりやすい)

time 2018/07/20

Azure Black / Moroccan Tea(紅茶系:Lemon系;Mint系=3:2:1ぐらいのMix、紅茶系の香りが濃いめで分かりやすい)

香りについて

紅茶系:Lemon系;Mint系=3:2:1ぐらいのMixだろうか。
紅茶系の香りに、TangiersのBlue Flowerあたりと似た渋めのフローラル系に近い香りが少し感じられるのが特徴。
強いて言うなら、SBVのMorning Breezeからモワッとした甘さを抜き、キュッとした渋めのフローラル系を少し足したような香りか。
とりあえず、ベルガモットの香りのするEarl Grey系、渋みの強かったTangiersのRed Tea、このあたりとは違った紅茶系の香り。
Lemon系の香りはソフトで、やや酸味が控えめ。AFのLemonFumariのLemonの中間、ややFumari寄りぐらいの香り。清涼感は、煙を吐き終えるときに少しノドがスッとする程度。
Lemon系の甘さがあるため、全体で見たときの甘さはMorning Breezeと同程度だが、清涼感も手伝ってそれよりサッパリした仕上がり。
Citrus Tea系のフレーバーは他社から幾つか出ているが、その中では紅茶系の香りが割と濃いめでハッキリしている。また、隠し味程度ではあるが清涼感が入っているのも珍しい。
紅茶系の香りが濃いめで分かりやすいシトラスミントティーの香り。まずまずの再現度。

煙について

煙の量と質はAzBの平均。
Lemon系の香りはあるが、酸味が控えめなのと、そこまで濃いわけでもないので、Citrus系特有のノドへの当たりはほとんど感じない。
タバコ的な重さはAzBの平均。TFDと同じか、それより少し重いぐらい。おおよそAFの1.5~1.6倍ぐらいの重さ。
香りの持ちはAzBの平均。Lemon系の香りが少し先にピークアウトして、中盤あたりから紅茶系の香りが前に出てくるので、時間による香りの変化は少々。悪くない変化だと思う。
安定感はAzBの平均。火加減が強すぎるとLemon系の酸味で紅茶系の香りが分からなくなるが、Kaloud Lotusを使っているのであれば火の調節で苦労することは少ないと思う。
AzBの平均的な煙。個人的にはSBVのMorning Breezeより煙のキレがスッキリしていて良かったと思う。

(総評)78点

個人的にCitrus Tea系に思い入れは無いが、普通に楽しめた。
紅茶系の香りが濃いめで分かりやすく、また微かな清涼感も全体をサッパリさせているのが良かった。
紅茶系の香りや焼き菓子っぽい香りなどは、フレーバーの一番の特徴を担う部分だが、それ自体が淡く少し分かりにくい。AzBのLemon Muffinもそうだったが、AzBはそのあたりの香りが濃いめになっていて、分かりやすくて良いと思った。
また、AzBはベースの香りが控えめなので、TangiersのPeach Iced TeaRaspberry Iced Teaのように、それで分かりにくくなっていることも無い。
ちなみに、AzBのRoyal QueenはEarl Grey系の香りだったので、同じ紅茶系ではあるが、これとは異なる香り。
他社のものより紅茶系の香りが濃いめで分かりやすい。Citrus Tea系が好きであれば、試して損はない。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31