シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Nirvana Eclipse / Kalypso(ツンとしたテイストが強いインパクトのあるCherry系と穏やかなPeach系のMix)

time 2019/07/09

Nirvana Eclipse / Kalypso(ツンとしたテイストが強いインパクトのあるCherry系と穏やかなPeach系のMix)

香りについて

Cherry系:Peach系=4:1ぐらいのMix。
Cherry系の香りはアメリカの会社に多く見られる、ツンとしたテイストのある香り。
TangiersのMaraschino CherrySB SerpentのNew Amsterdamほどでは無いが、そこそこ杏仁やアマレットに特徴的なツンとした感じを濃くしたようなテイストが強い。AB StraightのCherryと似たような感じだろうか。
煙を吐き終えるときにホンノリとPeach系の香りが混じる。ややCherry系の香りに押され気味で細部が分かりにくいが、おそらくはNirvana EclipseのLynxを少し濃くしたような香り。
桃の入った箱を開けたときのような香りだったNirvana EclipseのLynxよりも、いくらか色々と強調されている感はあるものの、SBBのPeach系やTFDのVentura Peachのような強いケミカルさは無い。Cherry系の香りの主張の強さを考えると、これぐらいの濃さでないと押し負けるからだろうな、と思った。
とは言え、この香りのおかげで、煙を吐き終えるときのCherry系のツンとしたテイストが丸くなっており、Mixには一体感がある。
ツンとしたテイストが強いインパクトのあるCherry系の後味を、穏やかなPeach系で少し丸くしたMix。

煙について

煙の量はNirvana Eclipseの平均。煙の質はNirvana Eclipseの平均か、それに少し劣る。
時間とともに落ち着いていくが、最初の5~10分程度の序盤のみ、わずかにノドにチリチリと障る感じがある。
タバコ的な重さはNirvana Eclipseの平均。TFDと同じか、それより少し軽いぐらい。SBVより少し重い。AFの1.4~1.5倍ぐらいの重さだろうか。
香りの持ちはNirvana Eclipseの平均。時間による香りの変化も少ない。時間とともに順当に薄れていく。
安定感はNirvana Eclipseの平均。上記のように、序盤のみ少し火加減に気をつかうが、それを過ぎてからは特に問題ない。
序盤の煙の質が少しだけ気になるが、他はNirvana Eclipseの平均。

(総評)72点

基本的にはツンとしたテイストのあるCherry系が好きな人向け。
個人的にこういうアメリカの会社っぽいCherry系はあまり好きではないが、Peach系の香りでその後味が少し丸くなっている点は、なかなか工夫されたMixだと思った。
店での様子を見ていると、この手のCherry系は大量に消費されるわけでは無いものの、ちょいちょい無くなるので、好きな人は一定数いるのだと思う。AFのCherryより香りの輪郭がハッキリしているので、Mixにも使い道があるのだろう。
AB StraightのCherrySB SerpentのNew Amsterdam、NirvanaのSmokin DeadあたりのインパクトのあるCherry系が好きなら、試す価値はある。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30