シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

MALAKI / Grape Mint(中東の会社にありそうな典型的なGrape Mint系だが、後味のアクの強さや雑味っぽさが非常に少ない)

time 2021/02/21

MALAKI / Grape Mint(中東の会社にありそうな典型的なGrape Mint系だが、後味のアクの強さや雑味っぽさが非常に少ない)

香りについて

大枠ではAFのGrape with Mintと同じ作りだが、それよりも後味の渋みや酸味がずっと控えめ。
Grape系の香りは、AFのGrapeを下敷きにした中東の会社によくあるGrape系の香り。
AFのGrapeと同じぐらいハッキリした強めの甘さと香りの濃さだが、それよりも煙を吐くときにノドや鼻の奥で感じる渋みや酸味がずっと控えめ。
もはやAFのGrapeはそういうものとして定番化しているものの、個人的には後味の渋みや酸味は長く吸っているとクドく感じて飽きる原因、アクの強さや雑味っぽさだと思っているので、そのへんが控えめなのが非常に良かった。
そこに、煙を吐くときに少しノドがスッとする程度の清涼感が混じる。おおよそMALAKIのMintAFのMintの1/4~1/3ぐらいの強さの清涼感だろうか。ハッキリしたグリーンな香りやSpear Mint系の香りなどは無く、ほぼ清涼感のみ。
中東のフレーバーにありそうな典型的なグレープミントの香りから、後味のアクの強さや雑味っぽさのみが取り除かれている。

煙について

煙の量と質はMALAKIの平均。
中東の会社らしいソリッドな煙で、甘さも強いので吸いごたえに満足感がある。それでいて後味のエグさが無いので、ノドに残る感じなどが無い。
タバコ的な重さはMALAKIの平均。AFと同じか、それよりわずかに重いぐらい。
香りの持ちはMALAKIの平均。いくらか先に清涼感がピークアウトするが、こんなもんだなという程度。気になるような香りの変化は無い。
安定感はMALAKIの平均か、それに少し劣る。Kaloud Lotusを使っているのであれば火の調節で苦労することは少ないと思うが、あまり火が強すぎると変な酸味が出る。
ボウルによる香りの出方に大きな違いは無い。一応、陶器のPhunnel系で作る方が少しキレの良い煙の質になるが、シリコンボウルと陶器のPhunnel系の違いだな、という程度。
Grape系らしい満足感がある割に、後に残るエグさなどが無く、なかなか楽しめる良い煙。

(総評)78点

個人的にはGrape系の良いところだけ残したという印象で、AFのGrapeより好きだった。
Grape系らしい香りの濃さや甘さはシッカリしているのに、 後味のエグさや雑味っぽさが無いので、吸いごたえや満足感がある割に、吸っていてクドく感じたり飽きたりしにくいのが優秀。細部の作り込み方がMALAKIらしい。
AFのGrapeは後味の渋みや酸味のせいで長く吸ってると飽きてくるが、これなら大丈夫、みたいな人も多いのではないかと思う。
Nu HookahのGrape MintAFのGrape with MintAFSEのVirgin Grape、このあたりが好きならば試す価値は非常に大きい。より好みのものが見つかる可能性がある。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2021年3月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031