シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

2021年を振り返って、良かったと思うフレーバーまとめ(あけおめ)

time 2022/01/01

2021年を振り返って、良かったと思うフレーバーまとめ(あけおめ)

あけましておめでとうございます。
年も明けたので、2021年にレビューしたフレーバーの中で、個人的に印象に残ったものを幾つか挙げてみようと思う。
ちなみに、下記はレビューした日付で並べた。個人的にはMajestic Auroraが2021年のベスト。入手性が悪いものばかりで残念。

参考記事
2020年を振り返って、良かったと思うフレーバーまとめ
2019年を振り返って、良かったと思うフレーバーまとめ
2018年を振り返って、良かったと思うフレーバーまとめ

2021年、印象に残ったフレーバー

Pinkman
Musthaveの中でも人気のフレーバーで、それも納得の出来。
Strawberry系:Raspberry系:Grapefruit系あるいはLemongrass系=2:1:1ぐらいのMix。
Grapefruit系のビターさと酸味が甘めのBerry系のMixを全体に少し引き締めており、かなり良いアクセントになっている。
Mixの完成度が非常に高いと思った。

Kiwi Smoothie
これもMusthaveの人気のフレーバーで、納得の出来。
微かな酸味とシッカリした甘さのある、よく熟して柔らかくなった緑色のキウイのような香りと言ったところ。
他社のKiwi系は香りの輪郭がボンヤリしていて何だか良く分からないものが多いが、その中では確かに実物のキウイで納得の香りで、再現度が高い。

Wicked Emerald
2021年初頭にAFから発売された、Mix用のフレーバー。
非常に濃いCardamon系で、AFのCardamonをグッと濃くしたような香り。
少量でハッキリとカルダモンの香りを出せるので、メインに使うフレーバーの詰められる量と選択肢が大きく広がる。
他では代用が利かず、アクセントとしての使い勝手も非常に良い。極めて優秀。

Majestic Aurora
2021年初頭にAFから発売された、Mix用のフレーバー。
Grapefruit系の香り:香草系あるいは針葉樹の樹脂のような香り=2:3ぐらいのMix。
余計な甘さが無いので、メインのフレーバーの邪魔をせず、ハッキリした爽やかでキレのあるアクセントを加えられるのが良い。
ここまでハッキリと香草系や針葉樹の樹脂のような香りを出せるフレーバーは他に無く、これも他では代用が利かない。
TangiersのCane Mintにこれを混ぜたものが非常に美味しく、家でこのMixばかり吸うようになった。

Wild
スモーキーな香り:ヒノキの香り=3:1ぐらいのMix。
メインは何かのスモーキーな香りで、微かに甘い香りのあるウッドチップを弱火で燻製にしたようなビターテイスト。
スモーキーな香りだけでこれより濃いと途中で飽きてしまいそうだが、SBのLebanese Bomb Shellのようなヒノキっぽい爽やかな香りが非常に良い仕事をしている。
Mixでの用途は狭そうな気がするし、いくらか好みが分かれそうな香りではあるものの、甘さが非常に控えめでマニッシュな渋好みの仕上がり。
公式HPにも、野心的なMixが何とかと書かれていたが、他社に無い攻め込んだ香りで確かにそれも納得。

雑記

数えてみたら、2021年は全部で67種類のフレーバーのレビューをしていた。
2020年を振り返って、良かったと思うフレーバーまとめ」の記事によると、2020年は54種類のフレーバーをレビューしていたようなので、2021年はいくらかペースが改善した。おおよそ5日に1つのレビューをした計算になる。
2021年はMALAKIが幾つか手に入ったのと、ロシアのフレーバーにアクセスができるようになったのが大きい。
今年もロシアのフレーバーをレビューしていこうと思う。アメリカの会社のフレーバーとは毛色が異なるので、新しい香りがあってレビューしていて非常に楽しい。
現時点ではロシアのフレーバーは入手性が悪いが、聞いた話だと、そのうちロシアのフレーバーも国内で買えるようになるかもしれない。信憑性は微妙。
それにしても、もう2022年。月日が経つのが早い。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2022年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031