シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Spectrum Classic / Brazilian Tea(何かしらの発酵茶っぽい香り:Lemon系をメインにしたCitrus系の香り=1:1ぐらいのMix)

time 2024/01/02

Spectrum Classic / Brazilian Tea(何かしらの発酵茶っぽい香り:Lemon系をメインにしたCitrus系の香り=1:1ぐらいのMix)

香りについて

何かしらの発酵茶っぽい香り:Lemon系をメインにしたCitrus系の香り=1:1ぐらいのMix。
ちなみに、公式の説明には、爽やかなライムティーの香りと書いてある。割とそれで納得のいく香り。OdumanのOrigamiと非常に似ている。
ほうじ茶や番茶のような何かしらの発酵茶を想像させる香りがメインで、緑茶の香りの入浴剤やお香からこういう香りを感じたことがある。OdumanのOrigamiと同じ香料が使われていると思う。
こういう香りのお茶を実際に飲んだことはないが、何かしらの発酵茶と言われれば確かにそれを想像させられる香り。AzBのMatcha Mintなんかよりはお茶っぽさがちゃんと伝わってくる。
そこに、おそらくはLemon系とLime系が半々ぐらいの、酸味や甘さが控えめなスッキリしたCitrus系の香りが混じる。上記のお茶っぽい香りと合わさって、他社からLemongrassみたいな商品名で出ている香りっぽい。
何かしらの発酵茶っぽい香りとスッキリしたCitrus系の香り、どちらも余計な甘さが無く、全体に非常にスッキリとしたキレのある仕上がりになっている。他社には珍しい香りだが、個々の香りの相性やバランスが良い。
個人的には、ほうじ茶とレモングラスを混ぜて入れたお茶のような香りに感じた。まずまず公式の説明で納得のいく香り。

煙について

煙の量と質はSPECTRUMの平均。
過度なウェットさの無い、ほどほどにソリッドな煙。気持ち低めの温度で維持したTangiersと似た吸いごたえ。
タバコ的な重さはAFと同じか、それよりほんの少し重いぐらい。ダークリーフの中では軽めの部類で、多くの人にとって負担にならない重さだと思う。
香りの持ちはSPECTRUMの平均。時間による香りの変化も少ない。時間と共に順当に薄れていく感じ。
安定感はSPECTRUMの平均。時間による香りの変化も少なく、一定して薄れていく。Kaloud Lotusを使っているのであれば、火の調節で苦労することは少ないと思う。
ボウルによる香りの出方に大きな差は無い。一応、陶器のPhunnel系で作る方が煙の質の関係でよりスッキリとキレ良く出るが、このへんは好みの問題。
平均的なSPECTRUMの煙と言ったところ。扱いやすい。

(総評)78点

甘さ控えめのスッキリした香りが好きなので、これも楽しめた。
他社には珍しい香りで、何かの発酵茶と言われればそれなりに納得のいく香りが感じられる。お茶をモチーフにしたフレーバーの中では、かなり頑張った方だと思う。
少々の鼻を抜けるようなキレ感のある発酵茶っぽい香りと、酸味や甘さが控えめなCitrus系の香り、どちらも非常にスッキリとしていて同じ方向を向いており相性が良い。
ちなみに、OdumanのOrigamiと非常に似ているが、それよりも煙の質の点でこっちの方が好みだった。こちらの方が香りと煙の質の相性が良いと思った。
Odumanは非常にウェットさが強く、煙を吐いた後に口の周りにグリセリンっぽさが残ってキレが悪かったが、ほどほどにソリッドな煙の質であるこれは、そういうことが無い。
OdumanのOrigamiTFDのNatural OrderAF Fusionの3ALA Moodak、このあたりが好きならば試す価値はある。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2024年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031