シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

MustHave / Choco Mint(よくあるシーシャのチョコミントという感じで、可もなく不可もない)

time 2022/08/08

MustHave / Choco Mint(よくあるシーシャのチョコミントという感じで、可もなく不可もない)

香りについて

初夏にコンビニで売ってるチョコミントの乳飲料のような香り。
メインはシーシャのChocolate系によくあるタイプの香りで、ココアシガレットや安い紙パックのココアのような香り。
ただ、いくらかCream系に似たマッタリしたテイストがあるため、一昔前のChocolate系に見られる脱脂粉乳のような粉っぽさは少し控えめになっている。
とはいえ、AzGのChocolate CakeLavooのMint Frappeあたりのダークチョコレートっぽい香りと比べると、全体にココアシガレットみたいな駄菓子っぽさが否めない。
Mint系はほぼ清涼感のみという感じだが、少しだけSepar Mint系の香りが入っているかもしれない。アフターエイトというチョコレート菓子と似たような香りを感じる。清涼感の強さ自体はAFのMintの1/2ぐらい。
よくあるシーシャのチョコミントという感じ。可もなく不可もない。

煙について

煙の量と質はMHの平均。
MHらしいモワッとした煙で、一昔前のChocolate系みたいな微かにドライな粉っぽさが無い点は良い。
タバコ的な重さはMHの平均。最初のキックはやや控えめだが、トータルで見ればAzBと同じぐらいの重さ。それなりに重い。
香りの持ちはMHの平均。時間による香りの変化も少なく、一定して薄れていく。
安定感はMHの平均。焦げたり崩れたりしにくいので、Kaloud Lotusを使っているのであれば割と適当で大丈夫。
ボウルによる香りの出方にも大きな違いは無い。一応、陶器のPhunnel系の方がChocolate系の香りの輪郭が少しハッキリするが、シリコンボウルと陶器の差という感じ。
平均的なMHの煙といったところ。割と高温にも耐えるので扱いやすくて良い。

(総評)65点

シーシャのチョコミントにありがちな香り。
目立った欠点などは無く無難にまとまってはいるが、これといった長所や特徴のようなものも無いので、目新しさは皆無。
強いて言うなら、いくらかCream系に似たマッタリしたテイストがあり、それにより粉っぽさが少し控えめになっている点は良いかもしれない。
とはいえ、他社のChocolate Mint系と比べて飛び抜けた長所や特徴があるわけでも無いので、わざわざ入手性の悪いこれを選ぶ理由は見当たらない。
AzBのChocolate MintUglyのChi-Town BreezeAFのChocolate Mint、このあたりが好きならば試してみても良いだろう。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2022年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31