シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Trifecta Blonde / Mediterranean Mint(グリーンな香りと丸みのある甘さが特徴のSpear Mint系)

time 2020/06/16

Trifecta Blonde / Mediterranean Mint(グリーンな香りと丸みのある甘さが特徴のSpear Mint系)

香りについて

グリーンな香りと丸みのある甘さにより、クセが抑えられたSpear Mint系。
特徴になっているのはSpear Mint系の香りだが、AFのGumのような濃さは無いので、歯磨き粉っぽさは感じない。
そこに、AFのMintのような少しビターさのあるグリーンな香り、すり潰したミントの葉のような草の汁っぽい香りが少し混じる。
また、TFBのTwice the Iceに見られた、ケミカルさなどは無いが何となくお菓子っぽい、丸みのある可愛らしい甘さも感じられる。
清涼感の強さはAFのMintと同じぐらい。ややマットな質感なのも含めて、AFのMintと割と似た清涼感。TFBのTwice the Iceあたりのキリッとした強めのシャープな清涼感とは異なる。
強いて言うなら、AFのMintAFのGum=3:1 ぐらいでMixしてグッと甘くしたような香り、あるいはAFのFrost Mintを甘くしたような香りだろうか。
AFのGumのような濃さが無く、その代わりにグリーンな香りと丸みのある甘さが入っているため、Spear Mint系の特徴を残しつつクセが控えめになっている。
好みが分かれがちなSpear Mint系ではあるが、TFBのMint系らしい甘さが加えられていることにより、割と普通のMint系の延長といった感じで吸えるのが面白い。
Gum系やSpear Mint系の香りは好みが分かれる印象だが、上手い落としどころを見つけたな、という印象。

煙について

煙の量と質はTFBの平均。
清涼感はあるが、Twice the Iceのようなシャープで冷たいそれでは無いので、それによるノドへの当たりなどは無い。
タバコ的な重さはTFBの平均。AFと同じか、それよりわずかに重いぐらい。
香りの持ちはTFBの平均。清涼感は時間とともに弱まるが、Spear Mint系の香りや甘さはそれより長く続く。
安定感はTFBの平均。火加減に応じて清涼感が強くなったりはするが、焦げたり崩れたりはしにくい。Kaloud Lotusを使っているのであれば、火の調節は容易。
シリコンボウルでも陶器のPhunnel系でも、香りの出方に大きな違いは無かった。
平均的なTFBの煙。扱いやすさや煙の質など、そつが無い。

(総評)73点

Spear Mint系の中では割と良く出来ていると思った。個人的には割と楽しめた。
他社のSpear Mint系には珍しく、グリーンな香りと丸みのある甘さが割と強めに感じられ、それがアクセントになりつつクセを抑えているのが面白かった。
そのため、好みが分かれがちなSpear Mint系ではあるが、AFのMintを下敷きにしたMint系の亜種という感じで吸えるのではないかと思う。
TFBのTwice the IceTwice the Ice Xtremeは、強い清涼感を基調にして甘さや後味のビターさなどの細部で特徴を出したMint系だったが、これはグリーンな香りが入ったSpear Mint系なので、また違ったMint系。
もっとも、Mixでの使い勝手はTwice the Iceに劣ると思う。Spear Mint系の香りはMixで邪魔になることが多いし、Twice the Iceの方が少量でシッカリと清涼感を出せる。
Twice the Iceのようなシャープで冷たい清涼感のあるSpear Mint系であれば、TFDのHipster Mintを試すと良いだろう。
AFのFrost MintAB OriginalのProfessor Gumbledoreが好きなら、試す価値はある。なんとなくだが、AFのGum Cardamonが好きな人にも刺さりそうな気がする。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2020年12月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031