シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Tangiers Noir / Kashmir Peach(マッタリした甘めのPeach系の香りと、ターメリックのようなSpice系の香り)

time 2018/01/16

Tangiers Noir / Kashmir Peach(マッタリした甘めのPeach系の香りと、ターメリックのようなSpice系の香り)

香りについて

マッタリした甘めのPeach系の香りと、ターメリックのようなSpice系の香り。
Peach系の香りはTangiersのJuicy Peachと似ており、AFのPeachAFSEのJuicyなどと近い系統の中東の会社っぽいマッタリした甘い香り。
SBのPeach系やTFDのVentura Peachのような、スッとしたテイストのあるアメリカの会社っぽいケミカルなPeach系とは異なる。
そこに、Tangiersの他のKashmir系 Mixに共通して見られる、ターメリックのような独特のマッタリしたSpice系っぽい香りが混じる。
Kashmir Guajavaと同様、基調となるフルーツ系の香りが濃いめ甘めで、独特のSpice系っぽい香りとの相性は割と良いと感じた。
ちなみに、Peach系とSpice系のMixだと、LavooのSpiced NectarineSBVのPeach Spiceなどがあるが、それらよりPeach系以外の香りがずっと強い。
Kashmir系 Mix特有の香りにクセがあるので、基本的には独特なSpice系や香草系が好きな人向け。

煙について

煙の量はTangiersの平均。煙の質はTangiersの平均か、それより少し良い。
甘さは強いがノドに残ってイガイガするようなことは無く、独特なSpice系の香りのおかげで全体にマッタリして、むしろ煙の質は少しきめ細かに感じる。
タバコ的な重さはTnagiersの平均で重い。おおよそAFの2.0~2.2倍ぐらいの重さ。
香りの持ちはTangiersの平均か、それより少し長い。もとの香りが濃いめなので、その影響と思われる。時間による香りの変化も少ない。
安定感はTangiersの平均より少し良い。シリコンボウルとKaloud Lotusであれば、適当でも焦げたり崩れたりしにくい。
煙の質や香りの持ちが良い。なかなか楽しめる煙。

(総評)70点

個人的にはTangiersのKashmir系 Mixの中では、Kashmir Guajavaが好きである。
TangiersのKashmir系 Mixには、Kashmir Apple、Kashmir BlueKashmir CherryKashmir GuajavaBug Powderなどがある。
好みの問題ではあるが、これらの中ではKashmir Peachは特徴であるターメリックっぽいSpice系の香りとそれ以外の香りとの相性が良い部類な気がする。
ちなみに、TangiersのKashmir単体は、タイムやレモングラスなどのスッキリした香草のような香りが強く、上記のKashmir系 Mixとは結構違った仕上がり。個人的にはこれらのKashmir系 Mixより、Kashmir単体が好きである。
これも正直そこまで好きな香りではないが、Kashmir Guajavaと同様に何でも良いから吸いたいときにこれで良いか、ぐらいの気持ちでは選べる。
何だかんだクセが強いのでオススメはしにくいが、マッタリしたフルーツ系の香りに独特なSpice系でアクセント付けしたフレーバーが好きであれば、試してみても良いだろう。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930