シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

個人的にオススメなAzure Blackのフレーバーまとめ

Azure Black(以下 AzB)のフレーバー 34種類のレビューを掲載した。
Illuminati、Blue Melonあたりの入手性の悪いもののレビューを撃ち漏らしているのだが、そのうちレビューしようと思う。
ざっと書いたものを読み返してみると、どうやら79点あたりに大きな分水嶺があるようなので、それらをまとめた。
オススメのAzB」というタグも割り振ったので、よかったら参考にしてほしい。

79点以上のもの

Blueberry Muffin(84点)
FumariのBlueberry Muffinよりも、特徴である焼き菓子っぽい香りがハッキリしていて良い。
火加減や作り方に少しコツがあり、扱いづらさは否めないが、それを差し引いても香り自体の出来は非常に良いと思った。

Mango Cheesecake(84点)
Mango系の香り:Cream系のマッタリした甘さ=1:1ぐらいのMix。FS CastroのMango Lassiと似ている。
チーズっぽさは無いが、角切りマンゴーの乗った少し高めのクリームタルトと言われれば、割とそれで納得のいく香り。クセも無く好きな人の多い香りだと思う。

Royal Queen(84点)
ベルガモットの香りの濃さにリアリティのあるEarl Grey系。
LavooのRussian Teaと比べると、少しベルガモットの香りが控えめだが、そのぶんキリッとした感じが控えめで穏やか。最近のEarl Grey系はどれも良く出来ているが、それらに引けを取らない出来。

Grow a Pear(82点)
熟していない固めの洋ナシと言った香り、あるいはシンプルなGreen Apple系。
TFDのPearfectのような柔らかくなるまで熟した洋梨特有のトロンとした甘い香りはしないものの、煙を吐き終えた後の余韻は、確かに熟していない固めの洋ナシでも納得できる香り。人によって少し感じ方が違うと思う。

Cosmos(80点)
FumariのTangeloと似た、ややマッタリした厚みのあるビターさが感じられるのが特徴のGrapefruit系。
ちなみに、公式HPにはグレープフルーツとラズベリーのMixと書いてあるが、ほとんどRaspberry系の香りは分からない。
FumariのTangeloが人気なことを考えると、好きな人は結構多いと思う。

Lemongrass(79点)
酸味が控えめなLemon系に似た香りに、フレッシュハーブらしい爽やかな青い香りが混じる。
いくらかの分かりにくさはあるものの、特徴である爽やかな若草のような香りが他社には珍しくて良い。生のレモングラスの香りを知っていれば、確かに上手く表現したと感じるだろう。

Cinnamon Cookie(79点)
チェルシーのバタースカッチやヴェルタース・オリジナルにシナモン味があったら、こういう香りがしそう。
バターっぽさが強く、クッキーよりバターキャンディという表現の方がシックリくる香りだが、Cinnamon系との相性は良い。他社に珍しい香りで美味しい。

Lemon Muffin(79点)
やや大げさな表現ではあるが、輪切りのレモンを乗せて焼いたバター多めのマフィンと言ったところ。悪くない再現度。
いくらか火の調節に難があるが、全体を支配しがちな酸味の強いLemon系がメインな割に、焼き菓子っぽい香りがちゃんと分かるのは優秀。

Spiced Berry(79点)
Raspberry系とCinnamon系のMix、余韻の微かな八角やアニスの香りが特徴。キツすぎないSpice系のアクセントが良い。
Berry系がクローブの香りでアクセント付けされたSBVのSpice Me Redが地味に人気なことを考えると、それよりもエッヂは控えめなものの、好きな人は割といると思う。

Berrymania(79点)
1世代ほど前にあったBlueberry系の優秀な1つの典型をリファイン・リバイバルした香り。
AB StraightのBlueberryNu HookahのBlueberryよりも、キャンディのような人工香料っぽさは強いが、そのぶん最近の他社のBlueberry系より分かりやすくブルーベリーをイメージしやすい。

78点以下だが個人的に良かったと思うもの

以下は点数順ではなく、個人的に良かったと思う順に並べた。

Dubai Apple(77点)
ラーメン屋に置いてある粉コショウのような香りが特徴で、粉コショウっぽい香り:Double Apple系=3:1ぐらいのMix。
他社に無い独特な香りではあるものの、好き嫌いがハッキリと分かれるような強いクセは無い。今まで試したことのない香りで、非常に面白かった。

Cherry Muffin(78点)
主張の強いCherry系の香りではあるが、弱めの火加減で維持していれば後味に焼き菓子っぽい香りがハッキリと感じられる。
アメリカの会社のCherry系っぽいツンとした感じがあるので、ややCherry系が好きな人向けな気はするが、他社には無いMixながらシッカリと特徴が出ている。

Moroccan Tea(78点)
紅茶系:Lemon系;Mint系=3:2:1ぐらいのMix。
Citrus Tea系のフレーバーは他社から幾つか出ているが、その中では紅茶系の香りが割と濃いめでハッキリしている。また、隠し味程度ではあるが清涼感が入っているのも珍しい。

Melon King(76点)
Melon系にWatermelon系のウリっぽい香りを強めに足して、グリーンな香りのあるMint系を加えたような、サッパリした香り。
UglyのWatermelon MintNu HookahのWatermelonのような良い意味でスカスカした甘い香りとウリっぽさが好きであれば、気にいる可能性は高いと思う。

San Diego Sunset(70点)
Raspberry系とLime系のサッパリしたMixを、Cream系のテイストとLicorice系の香りで少しマッタリさせた感じ。
ややLicorice系の香りの主張が強く、全体にゴチャゴチャしている感はあるものの、個人的にAFのCream with MintにCitrus系をMixしたものが好きなので結構楽しめた。

まとめ

各種Muffin系やDubai AppleやLemongrassなど他社に無い香りが多く、それぞれ割と良く出来ていて楽しめた。
Spiced BerryやSan Diego SunsetなどのMixも、いくつかは他社には珍しいMixのチョイスで面白かった。
ほとんどダークリーフの香りがしないので、ダークリーフでやる必要あったのか微妙に疑問だが、そのぶんタバコ的な重さ以外の点では万人受けするだろう。
ほとんどダークリーフの香りがしないことや、フレーバー自体の香りの傾向、煙の量や質など、全体的にTrifecta Darkと似ていると思う。
今回はダークリーフのBlack Lineの方をレビューしたが、幾つかはGold Lineからも出ているので、タバコ的な重さが気になるのであれば、Gold Lineの方で試してみると良いと思う。
他社には珍しい香りが多く、明らかにどうかと思うようなフレーバーも無い。割と攻めたラインナップな割に、ちゃんとしていて面白かった。
タバコ的な重さが結構あるので、その点は人を選ぶものの、それなりに当たりがあった。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930